〒860-0811 熊本市中央区本荘5丁目16番10号 096-363-3311 096-362-0222

研修内容

研修内容については、内視鏡診断は必須であり、下記全般の研修を基本とするが、ローテーションなどの時間的理由から治療内視鏡の習熟については選択する権利を有する。

権利

また、指導医は各レジデントにevidenceと熱意を持って指導する義務があり、レジデントは指導医から考え方と技術を学ぶ権利を有する。

1

内視鏡診断
上・下部消化管内視鏡、内視鏡的逆行性胆膵管造影、超音波内視鏡などの診断学を内視鏡フィルムカンファレンスを通じて学び、基本操作を習熟する。

2

治療内視鏡
内視鏡的止血術、内視鏡的ポリープ切除術、内視鏡的粘膜切除術 ( ITナイフを含む )、内視鏡的食道拡張術、内視鏡的食道静脈瘤硬化術、内視鏡的十二指腸乳頭切開術、内視鏡的胃痩造設術などに関する適応と技術の修得。

3

カンファレンス
主な対象疾患である食道・胃・大腸・胆・膵の悪性腫瘍治療方針カンファレンスなどにおいて学ぶ。

4

病棟業務
上記疾患に対するクリティカルパスを含めた入院加療における病棟管理の修得

指導方法

1年目は、指導医1人にレジデント1人のマンツーマンにて診療にあたる。また、指導医は3ヶ月おきに交代する。2年目からはレジデント各々独自に診療にあたる。