〒860-0811 熊本市中央区本荘5丁目16番10号 096-363-3311 096-362-0222

医療被ばく低減に努めています

熊本地域医療センターは、2016年の1月に日本放射線技師会の審査を受け、3月に「医療被ばく低減施設」の認定を受けました。

審査を受けるにあたり、すべての放射線機器、すべての撮影部位に被ばく線量を把握し、可能な限り無駄な被ばくをしないよう見直しを行いました。国際放射線防護委員会ICRPや放射線技師会が定めている被ばくガイドラインと比べても十分に低い線量といえます。(ただし、線量が低くなると画質の低下を招きます。診断に耐えうる必要最小限度を見極めるのが重要になってきます)

また、医療被ばく相談のスペシャリスト「放射線管理士」も在籍しています。医療被ばくに関することで何か疑問があれば、遠慮なさらずにご質問ください。

医療被ばく低減施設認定取得しました

医療被ばく低減施設とは公益社団法人日本放射線技師会が「安心できる放射線診療」を国民の皆様に提供することを目的とした事業として医療被ばく低減に努めている施設を認定するものです。

当院も2016年3月1日付けで「医療被ばく低減施設 第64号」に認定されました。

皆様に安全で安心な放射線診療を提供できるよう、診断や治療がきちんと行え、且つ可能な限り少ない線量で検査が済むように日々努力しております。装置の管理も日常点検からメンテナンス、精度管理などきちんと行っております。また、放射線被ばくに関する心配事などがございましたらお気軽に放射線部にお問い合わせ下さい。

必要な検査を安心して受けていただけるよう日々精進してまいります。